「夢を追いながら高卒資格!!」山梨県で通信制高校・サポート校を探している方におすすめ

山梨県で通信制高校とサポート校を探している方には、ズバット通信制高校比較が一番おすすめ。通信制高校とサポート校に無料で一括資料請求できますし、山梨県から通信制高校とサポート校を自分で探すのは大変だからです。

 

通信制高校の魅力は自分のペースで学習がすすめられる点です。不登校や長期欠席があっても入学できる点も見逃せません。

 

このブログでは毎日忙しい方のために、山梨県から通信制高校・サポート校にパンフレットや資料請求できるズバット通信制高校比較を紹介します。

 

通信制高校,ズバット通信制高校比較

ズバット通信制高校比較

>>ズバット通信制高校比較の公式サイトへ<<

 

【追伸】学費比較の悩みも資料請求で解決できます。

山梨県でズバット通信制高校比較を利用した方の口コミ

サポート校の情報が少ないので助かりました。

各校に一つ一つ資料請求する手間が省けました。

娘が不登校だったので通信制高校とサポート校を探していました。

初めてズバット通信制高校比較を利用する方に山梨県で人気

  • 通信制高校 山梨県
  • 1回の入力で複数校を比較
  • 利用は完全無料
  • エリアで学校が見つかる
  • 安心の参加学校
  • 山梨県 通信制高校

ズバット通信制高校比較

>>ズバット通信制高校比較の公式サイトへ<<

通信制高校選びは学費や通学の負担を第一に考えて

通信制高校,学費,通学距離,オンライン授業,自宅学習

山梨県で通信制高校で学びたいと学校選びに入る際、考慮すべきポイントは幾つかありますが、それらの中でも学費や通学距離は各々の負担に直接関わってくる問題ですから、避けて通る訳にはいきません。

 

掛かる学費は通信制高校によって様々ですが、特に私立はオンライン授業を始めユニークなサポート体制が充実している一方、学費が高くなる傾向にあります。

 

一方、山梨県の公立は個々の自主性を重んじている事もあってサポート体制は薄いものの、その分学費は安くなりがちです。高校生活3年で見た場合、公立の学費はトータル10万円前後と私立の数分の1以下で済むケースが多いのですが、それはあくまでスムーズに卒業出来た場合です。私立と比べ卒業へのハードルは高めですから、あくまで自分の目標を重視し、また自分の学力や性格も勘案し、ベストな学校を選ぶ必要があります。

 

通信制高校はあくまで自宅学習がメインですが、スクリーニングと呼ばれる面接・添削指導の為決まった回数学校に登校しなければならず、その際に通学距離が問題になってきます。もちろん通学距離は短ければ短い程に負担が少なく、有利となります。

 

また年1回の合宿で集中的にスクリーニングを行ったり、上記のオンライン授業によりスクリーニングの負担を減らしている通信制高校もありますから、専門のポータルサイト等を活用し探してみると良いでしょう。

通信制高校のメリット・デメリット

通信制高校,不登校,通学費用,タブレット

通信制高校は、山梨県で高校に通いたくても金銭的な理由から通えなかった人や、働きながら高校を卒業したい人、不登校などで高校に進学したくてもできなかった人等が、学ぶことのできる場所です。

 

メリットの1つめは、通学費用が安いこと。これは世帯収入と、高校が山梨県の公立か私立かにもよりますが、公立の通信制高校であれば、一般的な公立高校よりも安く通える場合が多いです。また、各種奨学金制度もそろっていますので、それを活用すれば、費用を抑えることができます。

 

2つめは、時間の融通が利くこと。働いているので夜だけ通いたい、月に数回だけならば通える、という人も通えます。最近では生徒にタブレットを貸し出して、オンライン授業をする通信制高校もあります。

 

一方で、これはデメリットにもなり得ます。つまり、通信制高校の進度は、基本的には生徒の自宅学習によるため、勉強を進めるには、自分で時間を見つけ出して、自ら学習をする必要があります。

 

時間管理が難しい場合は、サポート体制が充実している通信制高校を選ぶことでその問題を解消することも可能です。各学校独自のシステムや特徴を持っていますので、まずは資料請求をして、自分に合った高校、通い続けられる高校を見つけてみてください。

通信制高校の魅力やメリットについて

通信制高校,オンライン,スマートフォン,パソコン,有名大学

通信制高校の認知度は近年大きくなってきています。山梨県で通信制高校に通うメリットは沢山ありますが、その一つとして直接学校に通う必要がほとんどないと言う事です。もちろん通信制高校によっては毎週通う必要がある学校もありますが、中には年間3日だけで卒業できる通信制高校もあります。

 

授業をオンラインの動画などでおこない、テストやレポートなどもスマートフォンやパソコンでできるといったシステムはかなり効率が良く、空いた時間を自らの好きなことに使えます。

 

実際、山梨県で通信制高校に通っている生徒の中には、社会人の方も多く仕事と学校を掛け持ちする事が可能です。通信制高校というとやはりまだ世間一般的には否定的なイメージも多いかと思いますが、一昔前の不登校の子が通う学校や学力の低い子が通う学校というイメージは無くなってきているのも事実で、実際、通信制高校は最先端であると言う認知も高くなってきています。

 

また、通信制高校からでは有名大学に合格しないと言った事もなく、あえて通信制高校に通い自らのスタイルで勉強し、有名大学に合格する生徒も沢山います。

 

現代社会において通信教育というものは必須となってきているのも事実なので、これから通信制高校似通う生徒は増えてくるものと考えられます。

通信制高校を選ぶときにチェックしたいポイント

通信制高校,通学範囲,自宅勉強,チャット,動画

通信制高校に通うことを考えたとき、何を基準に選びますか?選び方によっては、効率的に勉強できる場合もありますし、逆に勉強がはかどらない時もあります。そこで、山梨県で通信制高校の選ぶときのポイントについて解説します。

 

通学範囲を考える

通信制高校なのに、山梨県で通学範囲が必要なのか、と不思議に思うかもしれませんが、実は通学範囲はかなり重要になります。
通信制高校といっても、全く学校に行かなくて良いというわけではありません。年間を通して20日間ほどのスクーリングが必要になります。そのため、1月に2〜3回は通学することになります。
通信制高校を選ぶときには、自宅から無理なく通える範囲にある学校を選ぶことが必要です。

 

サポート体制で選ぶことが大切です

通信制高校は、基本的に自宅勉強になります。ですが、自宅での勉強には限界があります。わからないことがあったときには、独学だけでは解決しない場合もあります。
通信制高校によっては、チャットで質問できたり、わかりやすい動画で授業を行っているところもあります。自分に合ったサポート体制がある通信制高校を選ぶようにしましょう。

 

通信制高校には様々なタイプがあります。選ぶときには、自分と相性が良い高校を選ぶようにしましょう。

通信制高校と定時制高校大きな違い

通信制高校,定時制高校,単位制

通信制高校と定時制高校はある意味ひとくくりにされる事も多いかと思いますが、実際は山梨県において通信制高校と定時制高校では全く違うものになります。

 

まず一つは定時制高校は一般的な全日制高校と同じで基本的には毎日通う必要があります。時間が違ったり、短かったりするだけでこの点は山梨県の全日制高校と同じですが、通信制高校は学校によってはほぼ全く通わなくていい学校もあります。また通いたい時だけ通えばいいといった学校もあります。この点において定時制高校は全日制高校よりだと考えられます。

 

また多くの通信制高校は単位制を取り入れており、留年という概念はありません。74単位を獲得すれば卒業できるので、多少単位を落とす事があっても3年間で卒業できる場合がほとんどです。

 

しかし定時制高校は基本的に4年間通わなければいけない学校がほとんどです。また学年制なので特定の科目を落としてしまうと留年してしまう場合があるなどのデメリットもあります。留年するともう一年多く通うことになり、1年間という時間と多くのお金もロスしてしまうことになります。

 

通信制高校と定時制高校では違う事がまだまだ沢山ありますが、大きな違いとして今回は2つほど挙げさせていただきました。

通信制高校の単位の取り方を紹介

通信制高校,定時制,不登校者,中退者,添削指導

最初に通信制高校について簡単に説明すると、通信で教育を行う課程を指し、学校教育法の定めによって修業年限は3年以上となっています。

 

ちなみに教育課程は他には全日制と定時制とがあり、山梨県の通信制高校はその人に合ったペースで学んで卒業資格を手にいれることが出来るのが特徴です。だから既に働いている人や不登校者、中退者などが利用するケースが多いと言えます。

 

全日制や定時制と異なり、山梨県の通信制高校は基本は自学自習でレポートの提出、スクーリングと呼ばれる面接指と試験で単位を取得していきます。 ちなみに卒業までにかかる期間は単位制なら最短3年、中には10年以上かかって卒業する人も存在します。

 

あとレポートは自宅で学習して学校の規定回数のレポートを提出して添削指導といった流れになりますが、以前はレポートを郵送するのが主流でした。ですが今はインターネットのeラーニングを導入している通信制高校が増えてきています。

 

それとスクーリングは、日々の自学自習で理解できなかった点、もしくは疑問に残っている問題を登校した際に教師に質問することが出来ます。スクーリングより登校日の方がイメージしやすいかもしれません。そんなスクーリングは学校により回数や内容が異なり登校型や合宿形式の所もあります。

通信制高校に通うメリットを考える

通信制高校,単位制,勉強,モチベーション

通信制高校とは、学年制ではなく、単位制を取り入れています。学年制とは、一般的に全日制定時制で取り入れられている、一年の間でその年に必要であるとされている科目を、全て基準値に満たさないと進級することができません。

 

一方で、単位制とは学年関係なく、それぞれの授業にあなたは合格しましたよということが承認されていくというシステムです。何か1つの単位を落としたから、進級ができないということはありません。大学のシステムに似ていますね。

 

では、単位制を取り入れている山梨県の通信制高校はどのようなメリットがあるのでしょうか。以下のことが挙げられます。

自分のペースで学習を進めることができる

山梨県の全日制高校であれば、毎日決まった時間に勉強が始まります。そして、留年しなかったとしても、分からないことがそのままなので、後々しんどくなることも。通信制高校では、単位を取れなかったらもう一度その単位取得に向けて頑張らなければならないので、そういうことはありません。自分で勉強する力が身についていきます。

時間を上手に使うことができる

通信制高校は自分の時間のやりくりがしやすいです。毎日登校するわけではないので、もうすでに仕事をしていて、学び直したいという意思があれば、学べる環境ではないかと思います。

 

どちらにせよ、通信制高校は自分での勉強がマストです。モチベーションを上げて、自分で頑張る方法を作り出せる方、もうすでに持っている方であれば、やっていけるのではないでしょうか。

ズバット通信制高校比較

>>ズバット通信制高校比較の公式サイトへ<<

通信制高校の山梨県対応地域

甲府市 富士吉田市 都留市 山梨市 大月市 韮崎市 南アルプス市 北杜市 甲斐市 笛吹市 上野原市 甲州市 中央市 西八代郡市川三郷町 南巨摩郡早川町 南巨摩郡身延町 南巨摩郡南部町 南巨摩郡富士川町 中巨摩郡昭和町 南都留郡道志村 南都留郡西桂町 南都留郡忍野村 南都留郡山中湖村 南都留郡鳴沢村 南都留郡富士河口湖町 北都留郡小菅村 北都留郡丹波山村